お知らせ
更新日時:2018年12月5日New

2018年 第8回禁煙CMコンテストの結果発表と総評を掲載致しました

 

第8回「タバコは健康を損なう:動画CMコンテスト」受賞作品集

今回も多数のご応募をいただき、ありがとうございました。 今年の入選作品もまたYou Tubeに公開いたします。 CMコンテスト入選作品を色々な媒体に自由にお使い頂き、学校での教育などに広く役立てて頂ければ幸いです。 今年のタバコ条約締約国会議で、加熱式タバコもタバコと同様に扱うべきであるという決議がなされました。害が少ないとタバコ会社は宣伝していますが、そんなことは無いと言うことが明らかになりました。 タバコに手を出すと依存症になって一生タバコ代を支払いつづけ、その間に病気になり、半数の人は死亡します。 なんとか、この負の連鎖を止めましょう。 詳しくは総評をお読みいただきたいと存じます。 このCMコンテストは、来年も続けていくことになりましたので、お待ちしております。 

禁煙CMコンテスト審査委員長(一般社団法人 日本禁煙学会 理事長)作田 学

 

2018年第8回禁煙CMコンテスト 総評

「タバコが体に悪い」ことは「地球が丸い」ことと同じぐらい、もはや現代の常識です。でもそんな常識だからこそ、「そんなこと分かってるから」と思考停止したまま吸い続けてしまったり、周囲への健康被害に鈍感になっていることはありませんか。 今回も「タバコは健康を損なう」という変わらぬメッセージを、さまざまな角度から表現した力作が集まりました。喫煙があなたや周りの人にどんな影響を及ぼすのか、その本当の怖さを入選作品とともに、もう一度考えてみませんか。

以下、1位(1作品)、2位(5作品)、3位(4作品)を紹介します。

(プロフィール)藤本祥和ラジオディレクター。『笑って禁煙できる本』(白夜書房)著者。最近は禁煙治療にも役立つREBT(論理療法)やMI(動機づけ面接)などのカウンセリング技術も修得中。

 

 


1位 「とりかえばや」びわ湖放送株式会社制作部禁煙推進プロジェクト 滋賀県   

 サラリーマンと女子高生がぶつかって体と心が入れ替わるという映画『転校生』を思わせる設定。タイトル「とりかえばや」は、そんな男女入れ替わり設定の元祖『とりかえばや物語』に由来するのでしょうか。女子高生の体になったヘビースモーカーのサラリーマンは自分がタバコくさかったことに初めて気づき、命の重さや家族の思いやりにやっと思いが至ります。自分では気づかないタバコのにおいと健康被害。男女が入れ替わるという明快なアイデアを、質の高い技術でCMにまとめました。見事1位受賞おめでとうございます! 

 

2位 「ピン芸人タバコくんの楽屋」 スタジオ白鯨feat.UQ Entertainment 東京都 会社員 

 「ピン芸人タバコくん」というキャラクターの登場です(笑)

 かつてはもっと人気があったのでしょうね。年々、観客のウケが悪くなっている「タバコくん」。その理由は、タバコが有害であることの認識が人々の間に浸透してきているから。マネージャーの説得を振り切って、きっぱり止めることを決意します。もはや時代遅れになったタバコをきっぱり止めるという決断を、楽しい設定で伝えてくれました。 

2位 「いつまで払い続けますか」 日本写真映像専門学校映像クリエイション学科「濱野班」 大阪市 学生8人       

 タバコの空き箱の中にカメラが入っていくと、そこは抽象的な空間。タバコ売りの女性が喫煙者に「いつまで払い続けますか」と問いかけます。「しまった…」(いまは手持ちのお金がない)という喫煙者に女性が告げたのは「お金」のことではなく…。タバコを吸い続けることの怖さを改めて考えさせてくれるCM。

2位 「バトン」  おい考(おいこう)(ペンネーム)埼玉県 アルバイト  

 お祖父さんからお父さん、お父さんから息子へと受け継がれていくバトンは…タバコ!? 何も考えず息子に手渡しそうになったバトンを、必死に叩き落とすお父さん。そこには「もう次の世代へと受け継がせない!」という強い決意がありました。象徴的な「バトン」を用いて、次の世代への思いと決意を表現したCM。 

2位 「禁煙で防げる死がある」  So(ペンネーム) 埼玉県 大学生    

 不穏な音楽とともに「雷雨」「台風」「津波」「地震」などの言葉が迫ってきます。これらは「死」を招く自然現象。それに対して「動脈硬化」「脳卒中」「すい臓がん」などの病気は何がちがうのか。「死」をモチーフにした音楽と、文字だけのシンプルなアニメーションで、喫煙が招く死の意味を問いかけました。

2位 「まだ間に合うから」    平田夏菜 神戸市 専門学生

 女性向けのおしゃれなパッケージのタバコ。吸い続けるとどうなるかを若い女性がダンスで表現しました。タバコで体が蝕まれるモノクロの映像から最後は明るい世界に切り替わり、「まだ間に合います」とメッセージ。ニコチン依存の怖さと、タバコから解放されたあとの希望を、全身をつかってユニークに表現しました。

3位「For Life」 木村 淳 東京都 会社員

シンプルなイラストと親しみやすい歌で、タバコの害を伝えます。実際にテレビで流れたら、何度も聞くうちについ口ずさんでしまうかも

3位「その手まだ気づかない?」 日本写真映像専門学校映像クリエイション学科「チームモンタージュ」 大阪市 学生9人     

 喫茶店の男女。タバコを吸う男性のTシャツには2本の手の絵が…。男性が喫煙するごとに手が伸びていき、ついには・・・。喫煙者自身はなかなか自覚しにくい受動喫煙の怖さをTシャツに描かれた手で表現しました。 

3位「次はお前だ」 日本写真映像専門学校映像クリエイション学科「濱野班」 大阪市 学生8人

 喫煙者が増加し健康被害が急増した西暦2531年の未来から、タバコを抹消すべく現在に送り込まれたターミネーター T-531。彼がタバコを消していく方法は…。SF映画風の設定にユーモアが混じったCMです。

3位 「煙草君と中田君」 田中照真 神戸市 専門学生

 

タバコを薦める「煙草君」とそれに反論する「中田君」のタバコ問答。よく見れば、仮面姿の「煙草君」の正体は…。「タバコを吸う人生」と「吸わない人生」のどちらを選択するかをあなたに問いかけるCM。

 

審査員

作田学(日本禁煙学会理事長)

宮崎恭一(日本禁煙学会理事総務委員長)

平賀典子(日本禁煙学会評議員、禁煙工房)

藤本祥和(ラジオディレクター/『笑って禁煙できる本』(白夜書房)著者)

 

 

ページの先頭へ

Copyright © 日本禁煙学会 All Rights Reserved.