お知らせ
更新日時:2021年11月3日New

2021年 第11回禁煙CMコンテストの結果発表と総評を掲載致しました

2021年 第11回禁煙CMコンテスト

第11回「タバコは健康を損なう:動画CMコンテスト」受賞作品集

今回は180を超える多数のご応募をいただき、ありがとうございました。これは新型コロナウイルスの影響でしょうか?  今年の入選作品もまたYou Tubeに公開いたします。この「禁煙CMコンテスト」入選作品を色々な媒体に自由にお使い頂き、学校での教育などに広く役立てて頂ければ幸いです。 加熱式タバコの害が少ないとタバコ会社は宣伝していますが、これはまったくのウソです。加熱式タバコには、燃焼式タバコにはない、あるいは少ない、有害物質や発癌物質が多く含まれているのです。決して手を出さないでください。 タバコに手を出すと依存症になって一生タバコ代を支払いつづけ、その間に病気になり、半数の人は死亡します。 また、喫煙者は新型コロナウイルスで重症化、死亡しやすいことはWHO、日本禁煙学会などの多くが警告しており、すでに常識になっています。さらにワクチンの効果も非喫煙者の半分でしかなく、ブレークスルー感染もおこしやすいのです。 なんとか、この負の連鎖を止めましょう。 詳しくは講評をお読みいただきたいと存じます。この「禁煙CMコンテスト」は、来年も続けていくことになりましたので、お待ちしております。

禁煙CMコンテスト審査委員長(一般社団法人 日本禁煙学会 理事長)作田 学

 

2021年第11回禁煙CMコンテスト 総評

以前、JTのお客様センターに電話で質問したことがあります。パッケージに載っている「肺がん」「心筋梗塞」などの警告表示の内容に同意していますかと尋ねたところ、「記載しないと販売できないから載せているが、ひとつひとつの文言については答える立場にない」という回答でした。 実は喫煙の健康被害について、JTはいちども認めたことがありません。一方で、爽やかなイメージのマナー広告を多く流しています。 これは食べ物などの基準と比べると、かなり奇妙です。皆さんも想像してみてください。スーパーで買ったお菓子のパッケージに「発がん性」などの警告が記載される一方で、販売者は内容について答える立場にないと開き直っているとしたら…。 「禁煙CMコンテスト」、今年は180本を越える応募がありました。家族や友人と協力して作ったり、グループでまとめて応募してくれたりと、力作が集まりました。高校生や大学生など若い人からも応募も嬉しいですね。 その中から選ばれた入選作をご紹介します。惜しくも選外になって紹介できなかった応募作も含めてどの作品にも、JTの「知らぬ存ぜぬ」を少しずつ変えていくヒントがあります。 社会の変化には時間がかかるけれど、その変化はひとつひとつの積み重ねから生まれます。いろんなアイデアの詰まった禁煙CM作品集、どうぞお楽しみください。

(プロフィール)

藤本祥和(ふじもとよしかず)。ラジオディレクター、カウンセラー(REBT心理士、動機づけ面接トレーナー)。『笑って禁煙できる本』(白夜書房)著者。

 


1位 「断吸うダンス」 田中真緒  学生 東京都

 屋外で人々が突然「断(だん)吸う(すう)ダンス」を踊りだす楽しい映像。タバコをやめれば、未来が無限大になることを若々しく表現しました。オリジナルのTシャツや歌にも注目。チームになって準備、練習した様子が目に浮かびます。素敵なダンスを踊ってくれた専門学校の皆さん、1位獲得おめでとうございました!」

 

2位命が短くなる前にささがわ なお(P.N.) クリエーター 東京都   

 タバコを吸い続けると早死にする確率が高くなる。そんな事実をほのぼのしたアニメでコミカルに印象づけました。主人公の男性は「来世では禁煙したい」とインタビューに答えていますが、皆さんはぜひ現世で禁煙してください。まだ間に合います。

2位「煙たい練習」 石井明和  自営業 東京都    

 受動喫煙によって努力や時間が台無しになってしまう様子を、野球部を舞台に描きました。このCMの「練習風景」をよくご覧ください。タバコってまったく不要だと思いませんか。禁煙できない人は、このヘンテコなものに心を支配されているのかもしれません。

2位「小さな決意」 三輪紘之  会社員 愛知県

 500円玉を瓶に入れる「小さな決意」から主人公の毎日に変化が訪れます。「疲れなくなった」「飯がうまい」など素敵なことが次々と。制作者の男性は自分の禁煙経験を今回の動画に活かしたそうです。禁煙で実感できるポジティブな変化。ぜひご覧ください。

2位「なぜなんだー」 志方愛海  学生 東京都   

 女性とデートしていた男性。でも「ごめんなさい」とお断りされてしまいます。そして、お断りする女性は1人ではなく…! タバコが男らしさの象徴と言われた時代は遠い昔のこと、今や健康管理はモテる男に欠かせない条件です。女性目線が活かされた作品。

2位「その1本が…」 伊藤果南  学生  千葉県   

 散歩嫌いのチワワくん。その理由は、道端に落ちているアレ…。タバコの誤飲は犬にも人間にも大問題ですが、元をたどれば、ニコチンという毒物をなぜ日常的に吸引するのかという根本的な問題にも行き着きます。小さな生き物に寄り添いながら、問題提起してくれる作品です。

 

3位「Damage to the Lungs」 こめちゃん(P.N.) 学生 秋田県

  喫煙によって新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の重症化リスクが高まるというデータに基づいて制作。タバコをきっぱりと止めるきっかけがここにも!

3位「ドキドキ☆危機一髪」 クリエイターズトラック(P.N.) 映像クリエーター 東京都

  タバコの害を昔懐かしいゲーム風に表現しました。喫煙はまさに「家族も巻き込む不幸のゲーム」! こんな「ドキドキ」「危機一髪」は体験したくないですね。

3位「30秒クッキング」 加藤凪紗、進藤梨留、西田紗雪、村川茅沙  学生 神奈川県

 30秒クッキング」 作者名:加藤凪紗、進藤梨留、西田紗雪、村川茅沙 喫煙による肺のダメージを料理番組風に紹介。数年後の肺、がんなどの病気のリスクのトッピング、いやですね。二度と味わいたくない雰囲気がよくでていました。

3位「今、少しずつ失っているかもしれないもの」 アッコ(P.N.) 自営業 神奈川県

  幸せな日々を過ごす女性。しかし、喫煙習慣の有り無しで年月とともに違いが現れます。喫煙のデメリットを「肌の衰え」「アンチエイジング」の視点から表現しました。

3位「タバコがコロナ感染に与える影響まとめました」 「K.K」(P.N.) 学生 東京都

 タバコがコロナ感染に与える影響を調べてくれました。喫煙者はワクチンの効果が低くなることや関連分野の調査についても。まずは事実を知ることが大事ですね。

3位「祖父が生きている理由」 栗川詩加  学生 熊本県 

 大動脈破裂により突然倒れ「生存確率1%」と告げられた祖父が手術後に医者から言われた言葉は…。今年体験したリアルなエピソード。お祖父さん、よかったですね。

3位「自然のために、禁煙を」 深田侑里  学生 石川県

 タバコが自然環境に及ぼす影響に着目。ポイ捨てによる街の汚れや、葉タバコの乾燥に使われる森林伐採…。社会の脱タバコ化の意味をここでも見つけることができます。

3位「禁煙、始めませんか?」 須藤玲菜 学生 東京都

 禁煙を考えている人へのアドバイスをまとめた作品。禁煙外来では心理療法と禁煙補助薬の併用が行われていることなど、実践的な情報も!

3位「そこまでして吸いたいですか?」 あんけいよー 学生 東京都

 「ライターがこの世からなくなったら」という想定で、「そこまでする?」という喫煙者の涙ぐましい努力をコミカルに描きました。ボケとツッコミのテンポがGOOD!

3位「禁煙裁判」 郡山女子大学付属高等学校放送部  学生 福島県

 タバコは個人の自由か否か」をめぐる裁判。個人の自由であるはずの喫煙が、大切な娘に及ぼす影響は? 高校生が作った、タバコについて考えさせてくれる作品。

審査員

作田学(日本禁煙学会理事長)

宮崎恭一(日本禁煙学会理事総務委員長)

渡辺文学(日本禁煙学会理事、禁煙ジャーナル編集長)

平賀典子(日本禁煙学会評議員、禁煙工房)

藤本祥和(ラジオディレクター/『笑って禁煙できる本』(白夜書房)著者)

 
Share on Facebook Twitter

ページの先頭へ

Copyright © 日本禁煙学会 All Rights Reserved.